目次

更新状況

  • 3/24 UnderDomain2-4UP
  • 7/23 UnderDomain2-3UP
  • 11/18UnderDomain2-2UP
  • 10/4 UnderDomain2-1UP
  • 7/29 UnderDomain1-6UP

最近のコメント

はじめに

Yumemigusa/flatのオリジナルコンテンツです。
サイトでは、なかなかリアルタイムでUPできないので、とりあえず、場所を作ってみました。
しばらく、試験的運用ですので、表示方法等ちょくちょくが変わると思いますが、ご容赦ください。
過去のオリジナルUP分については、こちらに
綾部のタワゴトはこちらにあります。
 
 
更新順に表示されます。
本文は、一部表示であとは「続き」にありますので、そちらをご覧ください。
 
なお、未読の方は◆目次◆をご利用くださいv
 
よろしければ、感想など、コメントいただけると嬉しいですv
 
 
 
 
 
 
 
 

Under Domain 2-6

2-5  ←  Under Domain 2-6   →  3-1


 
 
 昂の言うとおり、この二重契約を仕組んだのが鍵谷なのだとすれば、三件目も、智樹に仕事をさせるつもりはなかったのだろう。要するに、智樹がアキラを出し抜かなければ、すべて鍵谷の予定通りに事は進んだのかもしれない。
 そうすれば、放っておいても翔の件を調べ続けるだろう昂と、今後、翔の二の舞になる可能性の高い彰だけの問題で事は済んだのだ。この話を智樹に振ったのも、ただ単に、昂や彰の邪魔をしないようにと言う程度の認識だったに違いない。
 だが、智樹はアキラを制して仕事を遂行してしまった。

» 続きを読む

Under Domain 2-5

2-4  ←  Under Domain 2-5   →  2-6


 
 
 カチャンっと、軽い音がして事務所の鍵が開いた。
 ドアノブに手を掛けた智樹は、ほんの少しのためらいを見せたあと、意を決したようにドアを開けた。
 それと同時に、むっとした、身体にまとわりつくような熱に襲われた。まだ、昼にもならないと言うのに、この暑さでは冷房も効きはしないだろう。眉間にしわを寄せながら、事務所中の窓を開けて回った智樹は、昂のデスクに置いてあった、エアコンのリモコンに手を伸ばした。

» 続きを読む

Under Domain 2-4

2-3  ←  Under Domain 2-4   →  2-5


 
 
「とりあえず、場所を変えようか?」
 コーヒーを飲み干した昂は、智樹と彰に視線を向けながら言った。
 小さく息を付いた智樹は、無言のまま立ち上がった。

» 続きを読む

Under Domain 2-3

2-2  ←  Under Domain 2-3   →  2-4


 
 
 自分は、完全に部外者だ。
 これはそう簡単に、耳に入れていい話ではない。
 というよりも、聞けば禍となる類のものだ。今からでも遅くはないから、席を立った方がいいかもしれない。

» 続きを読む

Under Domain 2-2

2-1  ←  Under Domain 2-2   →  2-3

  
 大人しくバイクにまたがった智樹に、彰は無言のままハンドルを握った。
 鍵谷が『ゴネているだろうが、何とかして連れてきてくれ』とまで言っていたから、もっと手間取るかと思っていたのだが、智樹は意外にもすんなりとついてきた。これだったら、わざわざ、自分が迎えになど来なくても、店に来たのではないだろうか。

» 続きを読む

Under Domain 2-1

1-6  ←  Under Domain 2-1   →  2-2


2、
 
 普段ならば、とうに営業が始まっている時間だったけれど、外に置かれている看板の回転灯は回っていなかった。この近辺の人間は、回転灯がまわっていなければ、店は休みだと思っている節があって、そのせいか、客は一人としていなかった。
 いや。それだけではないかもしれない。
 今日は、他でもない。八月五日だったのだから。

» 続きを読む

Under Domain 1-6

1-5  ←  Under Domain 1-6   →  2-1


 

 そして、くるりと踵を返すと、階段を下りていく。
 その潔さに、焦った。
 別に、この男についていかなかったとしても、住所は聞いているのだから、その場に行く事は可能だ。

 だが――。

 ぎゅっと手を握りこんだ智樹は、大きく深呼吸した後、慌てて階段のところまで駆け寄ると叫んだ。
「ちょっと待てよ!」
「――何だ?」

» 続きを読む

Under Domain 1-5

1-4  ←  Under Domain 1-5   →  1-6


 

「お前も知りたがっていただろ?」
「そりゃ、そうだけど」
 そんな事を言われても、すぐには頭が働かなかった。
 昂に隠れてこそこそと調べるもの、もう限界といえば限界なのだ。昂が教えてくれる気になったというのなら、そのチャンスを逃すわけにはいかないとは思う。
 けれど。何故、その話を聞くのに、そこに行かなければならないのか。
「いい機会だから、智樹も知っておいた方がいい」
「けど、俺に首を突っ込むなって言ったのは、昂だろ? なんで、今更っ」
「……今更じゃあないよ」
 すいっと視線を逸らしながら言った昂に、智樹はすっと眉を寄せた。

» 続きを読む

Under Domain 1-4

1-3  ←  Under Domain 1-4   →  1-5



 クーラーの良く効いた車から降りた瞬間、身体に絡みついた熱気に、智樹はげんなりとしたように溜息をついた。
 まだ、朝の七時を回ったばかりだというのに、やけに暑かった。前日の熱が冷めるまえに、太陽が昇ってしまったからだろうか。
 あれから。
 両親が智樹の前からいなくなってから、九年がたとうとしていた。
 あの日の明確な記憶は、年を追うごとに、どんどん薄れてしまっていっていたけれど、この身体にまとわりつくような暑さと、それと同時に感じた絶望だけは、忘れる事はなかった。

» 続きを読む

Under Domain 1-3

1-2  ←  Under Domain 1-3   →  1-4

 信号待ちの間に、ポケットの中にある、戦利品の存在を確かめた智樹はにやりっと笑った。
 三度目にして、やっと出し抜いてやった。まさに、三度目の正直、と言うヤツだ。
 日付が変わっても、気温はさほど下がってはいなかったが、依頼の成功はそんな暑さなど、忘れさせてくれた。額に浮かんだ汗さえも、今日に限っては全く気にならなかった。

» 続きを読む

«Under Domain 1-2

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ